本文へスキップ

行政書士小浦泰之事務所は「各種許認可」「相続・遺言」「車庫証明」業務を中心に活動しています。

TEL. 047-315-3770

〒279-0041 千葉県浦安市堀江3-29-11

新着ニュースNEWS&FAQ

新着ニュース一覧

2017年ニュース一覧
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

←前の月へ
                    2018年のニュースへ→

2017年12月30日(土)
除夜の鐘イラスト
年末年始の当事務所の休業日
今年も早いもので一年が終わろうとしております。「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり」歳月というものは知らず知らず過ぎ去っていき、また訪れては去っていきます。一日一日を大切に、来年も過ごしていきたいと思います。誠に勝手ながら、当事務所は12月30日より、年明けの3日まで休業とさせていただきます。皆様どうぞ良い年をお迎えくださいませ。

2017年12月27日(水)
ホテル内部写真
旅館業許可物件調査
千葉県内の旅館業許可のご依頼があったので、物件を調査してまいりました。現在はラブホテルとして営業している物件を、ビジネスホテルに改修するためのご依頼です。ラブホテルは店舗型の性風俗特殊営業の届出をして営業するものですが、現在では要件が厳しくなり、都市部ではほぼ新規開業は不可能になっています。そのため今回のようなご相談も多く、今後も増えてくるものと思われます。ラブホテルをビジネスホテルに業種転換したいとお考えのお客様は、是非当事務所にご相談下さいませ。
当事務所の旅館業許可専門のページはこちら

2017年12月21日(木)
千葉市保健所写真
旅館業廃止届
本日は千葉市保健所に、旅館業と公衆浴場の営業廃止届の提出に行ってまいりました。今回は他社に事業承継するための廃止届出です。千葉市の場合、旅館業の廃止に伴って廃止届を提出する必要がありますが、特に期限は定められていません。ただ、速やかに提出しないと、今回のケースのような場合は、承継先の新営業者にとってトラブルのもとになりますので、可能な限り迅速に対応する必要があると考えます。書類自体は枚数も少なく、すぐに作成できるものなので、もし二重に許可を受けているような施設様がありましたらご連絡ください。書類の作成についてアドバイスいたします。

2017年12月19日(火)
都庁写真
都庁にて電気工事業登録通知書の受領
先日届出をした、東京都内の業者様の電気工事業登録通知書を受け取りに都庁まで出向きました。
東京都庁に入館する際には、氏名や住所、訪問先などを記入した紙を提出し、それと引き換えに通行証を受け取って入館する仕組みとなっております。本日は第二本庁舎の23階にある、環境局環境改善部環境保安課火薬電気係に行き、通知書を受け取ってきました。その足でお客様の元を訪問し、通知書をお渡しして無事仕事が終了。帰り際にお客様から感謝の言葉をいただき、とても励みになりました。

2017年12月12日(火)
車庫証明写真
車庫証明のご依頼が増える年末
毎年この時期になると、車庫証明のご依頼が多くなります。車庫証明は、平日に車庫の所在地を管轄する警察署に交付申請をし、数日後に出来上がったものを受け取りにいく必要があるので、平日の日中に動けないと申請も受取もができない仕組みになっております。弊所では他県のディーラー様から浦安市内の車庫証明を依頼されることが多いのですが、この時期は個人のお客様からのご依頼も多くなります。お車の購入や転居などで車庫証明が必要な方はご連絡くださいませ。浦安警察署以外も対応いたします。
当事務所の車庫証明のページはこちら

2017年12月6日(水)
ヤクルト工場写真
千葉県行政書士会葛南支部研修旅行
本日は千葉県行政書士会葛南支部の研修旅行で、千葉県内を周遊いたしました。
コースは千葉ヤクルト工場見学〜江川海岸〜昼食〜濃溝の滝〜酒造見学と盛りだくさんの内容でした。
写真はヤクルト工場でのものですが、ヤクルトの語源はエスペラント語でヨーグルトを意味する「ヤフルト」からきていることや、乳酸菌は腸内に留まれないので毎日摂取する必要があることなど、とても勉強になりました。移動のバス車内でも、会員同士の親睦が図られ、大変充実した一日となりました。

2017年12月4日(月)
CDの画像
建築士事務所登録完了&電気工事業登録申請
先日申請した建築士事務所の登録が完了したとの連絡を受け、千葉県建築士事務所協会まで行って登録証を受け取ってまいりました。お客様に登録証をお届けし、一旦事務所に戻った後、都庁に行って今度は電気工事業の登録申請をしてきました。予定通りなら2週間後には登録証を受け取れます。この日の移動時間は合計で4時間ほどでしたが、訪問先の滞在時間は計10分。この仕事をするには移動が苦にならない人間のほうが向いているのかもしれません。私の場合は車での移動中はCD、電車移動では本が欠かせません。

2017年12月1日(金)
写真
千代田区旅館業許可調査
本日は旅館業許可の物件調査で千代田区の神田小川町を訪れました。その足で九段下にある千代田区保健所を訪問し、ご担当者様と打ち合わせ。千代田区は条例が厳しく、民泊には不向きな地域ですが、旅館業の許可申請でもかなり厳格な基準があるので、しっかりと基準に適合するように施設を改修しないといけません。そのためには資金も必要となりますが、その前にしっかりとした事業計画を立てることが一番重要だと考えます。自分が用意できる予算を把握し、融資を受けるならそのための客観的資料の収集、経営計画の作成など、当事務所でもお手伝いいたしますので、旅館業の開業を考えの方は、物件を決めるより先にまずは弊所までご相談下さい。しっかりと開業からその後の経営までサポートいたします。


←前の月へ                    2018年のニュースへ→


facebookでも、たまーに情報を発信していますので、良かったら覗いてみてください。

お問い合わせ

バナースペース

行政書士小浦泰之事務所

〒279-0041
千葉県浦安市
堀江3-29-11

TEL 047-315-3770

FAX 047-317-0191